テキスタイル

概要


繊維製造は、繊維を紡績糸に、次に紡績糸を布地に変換することから始まります。その後、染色または印刷され、衣服へと加工されます。木綿、羊毛、絹、および様々な靭皮繊維(麻、亜麻、およびジュート)は、一般に化学的性質であるいくつかの利用可能な仕上げプロセスに備えていくつかの機械的操作を受けます。化学的仕上げに加えて、合成繊維は押出し法を用いて製造されます。押出し、化学的仕上げプロセスの使用するタンクと配管は、ZOOKのラプチャーディスクを利用してできます。

バルク貯槽


化学反応器は、その中で化学反応が起こる密閉容積であり、一般に化学反応を実施するために使用されるプロセス容器であると理解されています。バッチ式反応器でも連続反応器容器でも、化学反応はしばしばガスの放出または熱の発生をもたらし、それはいずれの状況においても容器内圧を上昇させます。容器の完全性、接続された配管、バルブおよびプロセス機器を保証するために、ラプチャーディスクは過剰な圧力を安全に放出します。

精練(洗浄/スカーリング)


精練プロセスは、天然ワックスを除去するために綿織物に対して行われる化学的洗浄プロセスであり、加圧下で水酸化ナトリウムで繊維を洗浄する、キヤーと呼ばれる密閉型加熱鉄ボイラーで行われます。

漂白プロセス


漂白プロセスは、酸化剤、典型的には次亜塩素酸塩または過酸化物を添加することによって自然の着色および残りの微量不純物を除去することによって白色度を改善します。

合成繊維を押出し


ほとんどの合成繊維およびセルロース繊維(アクリル、ナイロン、レーヨン、ポリエステル、スパンデックス)は紡糸口金と呼ばれる装置の小さな穴を通して粘性の高い液体を押し出して半固体ポリマーの連続フィラメントを形成する「押出し」によって作られます。押出しに必要な圧力は高く、ZOOKのラプチャーディスクは押出し装置を過圧から保護します。

安全逃し弁が隔離


安全逃し弁は、圧力が所定の値を越えたとき、ボイラー、圧力容器または他の圧力システムから自動的に圧力を放出します。プロセス流体がリリーフバルブの内部コンポーネントに対して非常に腐食性である場合、ラプチャーディスクは圧力リリーフバルブを化学プロセスから隔離するための優れたソリューションです。さらに、リリーフバルブと組み合わせてラプチャーディスクを使用することは、安全バルブの寿命を延ばします。

ボイラーおよびボイラー供給配管


織物加工およびコンディショニング容器は蒸気とお湯を使用して加熱されます。過圧の状態からボイラーや接続された配管に損傷が生じる前に、ZOOKのラプチャーディスクは過剰な圧力を放出するように作動するように設計されています。

アプリケーション


テキスタイル工業に提供する多くの圧力放出アプリケーションがあります。記載されていないアプリケーションについては、ZOOKにお問い合わせください。
推奨製品 バルク貯槽 精練(洗浄/スカーリング) 漂白プロセス 合成繊維を押出し ボイラーおよびボイラー供給配管
反転型ラプチャーディスク RA4 RA6 RA8 RAX
引張型ラプチャーディスク ARD D FAX FDZ PB
溶接ソリューション
引張型ラプチャーディスク モノデュプレックス FS反転
超低圧用と両方向ラプチャーディスク Z-VAC/Z-POS
押出機爆裂プラグ
ねじ込み式ホルダー
ユニオン型ホルダー
破裂検出器 & インジケータ
爆発放散口
×

Loading